文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

就職・資格

CARRER SUPPORT

就職サポート 5つのポイント

本校の就職サポートは入学前から始まり、入学から卒業までの二年間は一人ひとりに合った指導ができるように担任制を取り入れて就職内定に導いています。

POINT1入学前授業

本校入学を決めた方に対し、入学前から授業を実施します。これにより、入学後はスムーズに授業を受けられ、苦手分野をなくします。

POINT2新入生宿泊オリエンテーション

入学直後に専門学校に入学した目的を考え、就職内定までの目標を設定します。また、同じ夢を持つクラスメイトと交流をはかることで、新生活の不安要素をなくします。

POINT3インターンシップ制度

本校のインターンシップは一ヶ月間に及びます。学生が希望する企業で実務体験をし、自分に足りない知識と技術を発見後は、残された学校生活で更なる知識習得に励みます。また、インターンシップは他の大学生・専門学校生よりも早期に就職内定を得る機会でもあります。

ポイント4河原学園合同企業セミナー

毎年約50社以上の企業が参加して河原学園の学生のみを対象に行われる合同企業セミナーは、企業の経営者や採用担当者と直接話しができる絶好の機会となっています。

POINT5就職試験対策

本校では入学後すぐに就職筆記試験対策を始めます。また、担任による面接練習や履歴書・作文の書き方指導も徹底して行われます。

就職教育 〜入学から内定まで〜

平成23年度卒業 総合情報学科の石倉彰悟さんのケースを紹介します。

新入生オリエンテーション

入学後すぐに新入生オリエンテーションを行います。ここでは、同じ夢を持った仲間と専門学校で達成する目標を話し合い、交流を深めることができます。

授業

授業ではさまざまな知識と技術を学び、たくさんの資格を受験します。ここで学ぶことは目指す職種に必要なものばかりで、一切の無駄はありませんでした。

インターンシップ

私の場合は、プログラミング知識を学ぶことでシステムエンジニアを目指していたため、地元新居浜市のシステム開発企業に一ヶ月間お世話になりました。先輩方は仕事を親切に教えてくれましたし、学校で学んだ知識をいかすとともに今自分に足りない知識を知ることができました。

三者面談

1年次の終わりに私と保護者と担任の先生とで面談を実施し、2年次の進路と希望する就職先を決めました。 私の希望は変わらず、東京のシステム開発企業を選択しました。

就職試験対策

2年次はいよいよ就職活動が活発になります。企業の採用試験では、筆記試験と面接試験がありましたが、担任の先生が細かな指導をしてくれました。ここでの練習に費やした時間は、そのまま本番の自信に繋がりました。

内定

東京の企業様が学内選考をしていただけるということで、応募しました。結果、これまでに得た知識と技術、取得資格の成果が実り内定をいただきました。