文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

学科紹介

DEPARTMENT

医療秘書科

現代医療がどんどん進化するなか、高度で専門的な知識を求められています。一番大切なことは患者さまと医療スタッフに信頼されることです。知識・接遇ともにそろったスペシャリストを目指します。

学科紹介患者さまや医療スタッフに信頼される医療秘書・医療事務を目指します!

医療事務知識・ITスキル・コミュニケーション能力の3大要素を習得!

医療現場で事務の専門家として求められている医療事務知識・ITスキル・コミュニケーション能力を重点的に学びます。具体的には、医療事務知識以外にITスキルを身につけるためのパソコン実習、コミュニケーション能力を身につけるための患者接遇マナー実習などを通して実務を学びます。

診療報酬請求事務や医療秘書の資格をたくさん取れる!

特に医療機関から評価の高い診療報酬請求事務や医療秘書に照準を合わせ、資格取得に挑みます。医療事務の基本となる医療事務管理士から調剤薬局で働くことのできる調剤事務管理士など幅広い資格取得が可能です。医事コンピューター、電子カルテなどITスキルも高めます。

就職内定の近道に使えるに病院・薬局でのインターシップ!

愛媛県内のあらゆる医療機関でインターシップ受け入れ実績があります。病院の規模や希望の科、地域を限定しての病院・薬局選びが可能で、学校で学んだことを実務として体験することができるインターシップです。

目指す職種・取得目標資格

目指す職種

医療秘書

医療秘書とは医療機関において、患者さまの診療予約や依頼された書類を受付・引き渡しなど患者さまとドクターの架け橋になる仕事です。

患者さまには安心して受診してもらえるように心配りをし、一緒に働くドクターや医療スタッフには働きやすい環境を提供するので、円滑に業務が進み、「ありがとう」や「助かった」といった言葉をかけてもらえたとき、とてもやりがいを感じます。

気遣いが出来るようになり、臨機応変に対応することで沢山の人をサポートすることができます。

医療事務

病院や調剤薬局の受付で患者さまの応対をしたり、保険証を預かってカルテを作成したり、医療費の計算をしたり、診療報酬明細書(レセプト)の作成を行います。

受付には病気やケガで具合の悪い患者さまがいらっしゃいます。よく気が付き、思いやりのある対応ができること、そして医療費の計算をするだけでなく、医療法規や病気の知識が求められる仕事です。

笑顔で挨拶を返してくれたり、治療や検査の結果を一緒に喜んだり、「ありがとう」と患者さまから言われるとこの仕事を選んで良かったと感じます。

その他の職種

  • 調剤事務
  • 介護事務

取得目標資格

  • 技能認定振興協会
    医療事務管理士技能認定試験(医科)
  • 医療秘書教育全国協議会
    医療秘書技能認定試験3級・2級
  • 日本医療保険事務協会
    診療報酬請求事務能力認定試験
  • 技能認定振興協会
    調剤事務管理士技能認定試験
  • 日本医療教育団体
    医師事務作業補助技能認定試験
  • 技能認定振興協会
    介護事務管理士技能認定試験
  • 日本商工会議所
    簿記検定2級
  • Microsoft Office Specialist Word 2010
  • Microsoft Office Specialist Excel 2010

ピックアップ授業

医療秘書(学科)

診療録を読み取るために診察・治療に関することや薬の知識を学び、病院内の組織図や職員間のコミュニケーションの取り方なども学びます。

診療報酬請求事務(実技)

診療から手術、入院まで全ての診療行為を点数化して計算します。1カ月分をまとめて1枚の書類を一定のルールに従って書き上げる演習をします。

医電子カルテ(実技)

かなりの病院、診療所で導入されてきた電子カルテを学びます。必要事項の入力やレントゲン画像の表示など詳しく演習します。

カリキュラム

  1年次 2年次
専門科目 医療事務
医療関連法規
診療報酬算定演習
基礎医学
医療事務管理士技能演習
診療報酬請求事務
診療報酬請求事務演習
Word
医療秘書概論Ⅰ
医療秘書実習Ⅰ
ドクターズクラーク概論
電子カルテ実習
医療秘書概論Ⅱ
医療秘書実習Ⅱ
医事コンピュータ概論
医事コンピュータ実習
サービス接遇概論
サービス接遇実習
商業簿記
Excel
教養科目 職務実務
接遇マナー
職務実務
接遇マナー